冷えについて

寒い日が続きますね。

この季節に多いお悩みの「冷え」は、男性より女性からの声が多いですね。

今回はその理由と「冷え」がもたらす原因と影響
また改善方法をご紹介します。

「冷え」の主な原因

①ストッキングなど、締め付けのある衣服
②チョコやファーストフード等の、身体を冷やす食べ物の摂取
③ 自律神経機能を低下させる、エアコンの過剰使用
④運動不足による代謝低下

女性特有「冷え」の主な原因

①月経や子宮・卵巣がある

生理で血液量が減ると赤血球で運ばれる酸素量も減り、食べ物の分解もしづらくエネルギー不足になることから冷えやすくなります。
また、子宮や卵巣は血液が特に滞りやすく、冷えに繋がります。

② 男性より筋肉量が少なく脂肪が多い

筋肉は熱を作り出しますが、体の構造上男性より女性は筋肉量が少なく、また脂肪は一度冷えると元の温度に戻りにくいので、冷えの原因になります。

③ 間違ったダイエット

いつも美しくいたい女性にとって、ダイエットは大きな関心事です。
食べることを極端に減らしたり、偏った食事はエネルギー不足を招き、結果的に冷えに繋がってしまいます。

④女性ホルモン

女性ホルモンと自律神経は、同じ大脳の視床下部でコントロールされており、女性ホルモンが崩れると体温調節を行う自律神経も乱れ、血行が悪くなり冷えに繋がります。
初潮・生理・妊娠・出産・閉経は、女性ホルモンのバランスが大きく変化するので、冷え性となる女性が多いのです。

このように冷えの主な原因に加え、
女性特有の原因もあるので女性に冷えで悩む方が多いのです。

  「冷え」がもたらす主な影響

・むくみ・頭痛・肩こり・腹痛・下痢・便秘・慢性疲労・集中力低下・鬱・肌荒れ・シミ・不眠・薄毛・脱毛・生理不順・不妊症・胃もたれ・風邪の引きやすさ・・・

身体が冷えることで様々な悪循環が生まれ
日々の生活に大きな影響をもたらしてしまうことも少なくありません。

西洋医学では『冷え性』という診断名はありません。
『自律神経失調症』と診断されることが多く、精神安定剤を処方されたり、冷えの症状を緩和させる投薬が行われます。

つまり症状への対処療法が施され、冷えの根本治療を行うものはありません。

東洋医学では起こっている病気や不調について『身体全体のもの』として捉えます。

『気(神経)』

『血(ホルモン)』

『水(免疫)』

という身体全体のバランス要素を見て原因を明らかにし、
巡りの悪さが原因で冷えが引き起こされていると考え
その人にマッチする治療を施します。

◆気とは心身の活動に必要なエネルギー

気の乱れ・・・下半身が冷えて上半身がのぼせる症状

◆  血とは体内を流れる血液

血の乱れ・・・手足の冷え・下腹の冷え等が起こります

◆ 水とは身体の中の血液以外の水分(体液・分泌液等)

水の乱れ・・・胃腸の機能低下で冷えが起こります

冷えのお悩みは対処療法ではなく、根本治療が望ましいです。
その選択肢の一つとして鍼灸治療もいかがでしょうか?

忙しい現代社会の中で冷えの原因を全て無くしていく事は難しいですが、
出来る限りの規則正しい生活を心がけ、有酸素運動と正しい食生活を行う事で、症状を改善していくことは可能です。

健康的な未来の為、冷えを改善する生活を始めましょう!

関連コラム

  1. 褐色脂肪細胞温めダイエット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。