生姜を飲む

本格的に冬を感じさせる冷え込みがはじまってきました。

冬のカラダに関する悩みとしてやはり多いのが、

「冷え性」、「こり」、「むくみ」

といったところでしょうか。

そこで今回は簡単で誰にでもできる予防方法のひとつして
「生姜を飲む」ということを改めてご案内します。

1、冷え、こり、むくみの原因

2、生姜の効能

3、オススメの飲み方

「冷え性」、「こり」、「むくみ」といった悩みの原因として、
体内の水分、体温、血流、自律神経が大きな原因となり、
毎日の飲み物や食べ物が大きく影響します。

皮膚の表面温度が低い(外部からの冷え)

熱を作り出す筋肉の機能低下(内部からの冷え)

生活習慣や月経の影響などで血流が滞りやすい(自立神経の乱れ)

などがあげられます。

東洋では、

「生姜なしには漢方は成り立たない」

「気・血・水の流れを正常にする」ともいわれ、

西洋でも、

「ジンゲロン」「ジンゲロール」「ショウガオール」

という薬効が認められ、

次のような作用があるとされています。

●「気の流れ」への作用

  • エネルギー(気)の流れをよくし体に活力を与える
  • アドレナリンを分泌させる

●「血の流れ」への作用

  • 体を温め血管を開き血流を良くする
  • 粘液の分泌を活性させ血液の汚れをとる
  • 体内の毒素を分解する
  • コレステロールの低下や血栓の予防・改善をする

●「水の流れ」への作用

  • 利尿効果を上げ水の滞りをとる
  • 発汗を促し体液の流れの改善をする

≪オススメな簡単な飲み方≫

『生姜茶』

生姜茶とはお茶や紅茶に

すりおろした生姜(10g程度を茶こしで)や

乾燥させた生姜片を入れ、

ハチミツなどで甘味をつけて飲みやすくしたものです。

入れる生姜は乾燥させたもののほうが

薬効成分の効果が高まるといわれています。

お茶や紅茶による利尿作用に、

生姜の温める作用や発汗作用、

そこにハチミツや黒砂糖の滋養強壮が加わります。

「冷え」と「水滞」からくる症状に、1日3杯くらいを目安に。

『生姜湯』

生姜湯とは湯のみ等に

すりおろした生姜(10g程度を茶こしで)や

乾燥させた生姜片を入れ、

黒砂糖、葛粉などを入れたものです。

こちらも発汗作用に加え、保温、健胃作用があり芯から温まります。

働く女性に対して「実際に興味がある温活方法とは?」

というアンケートでは、

「飲み物」「食べ物」「運動」に関することが

よく上位にあるようです。

今回は「生姜を飲む」というテーマでしたが、

職場でのカウンセリングやサービスに
是非ご活用いただければと思います。

関連コラム

  1. 『食べるお灸のおしるこ』の作り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。